村上本舗
粋でイナセな釣り人生!  勝っても負けても常に吉!
☆ガイドサービス☆

受付終了
遊漁船登録 滋賀第142号
クリック↓イン!

バンカーバスターCM

リンク(順不同)
























since 2006.1/18

ちょいと、ひと勝負!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
本日 最大のイベント!
誕生日って やっぱりエエもんや!
沢山の人から メールや電話を頂く度に つま先立ちの バレリーナ状態!です!
(ややキモイ感は 否めない。。。)

やっぱり幾つになっても 嬉しいものだ!

そんな中 玄関のインターホンが ピンポ~ン♪

またまた ピンポンダッシュ小僧か?と思い 鍵穴から見ると
そこには 走るセールスマンの 宅配の方が居た!

なんじゃろ?って 開けて荷受を済まして 送り主を見ると・・・

ゲーリーインターナショナル 様 と、なっている。
ズッシリ重みのある箱は 間違いなく 山梨産の「桃」

先だって事故した時に 「大丈夫?」って ボスの夫人から
メールを頂いており その時に「桃いるぅ?」って問いに
オイラは、いる!いる!いる!いる!と オウム返しのように
連呼していたのを思い出した。

その桃が 本日 オイラのバースディーに合わせて 送って頂いたのだ!

IMGP0701.jpg


う~ん!! ビューティフル・サンクス!!

丁度 お昼のブログアップに 良いスポンサー様に恵まれている事を
書いてた後の 出来事だった。

これだけきめ細かな心使い ホントに嬉しさ一杯になります。
だから 頑張れる!

良いスポンサー様に 恵まれると 商品提供・etc.でも 十二分なのに選手のメンタル面まで 考えて頂いて 感謝の言葉を表現する 文語が見つからない!

本当に ありがとうございます!!

只今 冷蔵庫にてキンキンに冷えて スタンバってます。
風呂上りに ガブつきます!
モモに 敬礼!! (`_´)ゞ

IMGP0702.jpg





スポンサーサイト
TOP
誕生日の儀式ごと?
先程、長文を人差し指で 打ちすぎて 本日は、既にクラン・クランのリック状態・・・

そんな中 本日はセミが鳴く前の 激・早朝
オイラの家の近くにある 産土神社にあたる 西宮神社に参拝に行ってきた!

IMGP0699.jpg


・・・当然 一人ぼっちで行ってきた。。。

この、西宮神社は、「商売繁盛で 笹持って来い!」の
十日戎(とうかえびす)で有名だが
本来は、こう言った意味があると ある文献で読んだ事がある。

戎様が 大きな鯛を釣り上げて満面の 笑みを浮かべてらっしゃる光景を
皆さんも 良くご覧になった事かと思う。

これの ホントの意味合いは・・・

鯛って魚は 今でこそ釣り道具やパターンの発覚で 簡単に釣れる様になりましたが
昔は それは、それは釣るのが難しかったそうな・・・

1日・・・
10日・・・
1ヶ月・・・
半年と・・・

なんのアタリも無く ただひたすら集中して 釣り糸を垂れる・・・

ただひたすらに 同じ事をやり続け・・・
飽きもせず・・・
雨の日も 風の日も 体調の悪い日も・・・
釣り糸を垂れる。。。

そして ようやく釣れるのが鯛! だから満面の笑み!

これは商売の 極意を諭されているらしく 商売を成功さすには
忍耐(たえ しのぶ)が必要!!を 意図されている。

だから、戎様は 大変、大変 釣り上げにくい鯛をモチーフに
鯛と耐を 掛けていらっしゃるのだ!

また 商売は現代用語で その昔は「商い」と呼ばれていた。
その真意も 説かれてあって
商売を成功さすには 「飽きない」程度に「商い」をするのが良い!
との 深い意味合いもある。

そして、日本の語呂の奥深い所に 出生するには「十月十日」(とつきとおか)
必要とされている。

この十月十日って語呂は ほんとに深い意味があって ブログ上じゃ説明しにくいが
メモ用紙があるなら ぜひ 書いて確認して頂きたい!

十月十日を きっちり合体させて1字にすると・・・
「朝」って 漢字になります。


「朝」


これは、何ごとに置いても物の始まりは 「とつきとおか」は 一心不乱で取り組みなさい!
そして、「とつきとおか=十月十日」 経てば「朝」が繰るかの如しに日の目を見る!
(何がしかの 結果が出る!)
・・・と、言ったような奥深い 意味合いがある。

出産においても 「とつきとおか=十月十日」で 無くても良い。
半年でも 12ヶ月でも良かったんじゃ?って 思いませんか?

朝日の「朝」の漢字と連動さし 漢字をばらしたら 「十月十日」
それに合わせて 妊婦さんが出生する期間も 「十月十日」で 子供が出てくる!

神様って奥が深い!

・・・で、そんなこんなで 兵庫県生まれのオイラは 本日 
産土神社に当る 西宮神社に命を授かった お礼と
子供の頃から今まで 何だかんだ生きて来れた お礼と
知らず知らずに 犯してるかもしれない 罪の懺悔と

そして 「袖刷りあうも多少の縁」で 知り合った方々が
栄えて行きます様に・・・と 限りなく顔を思い浮かべて
お願い事をしに行ってきました。

境内は、新緑も冴え セミも鳴き 子供の頃 味わった
夏休みを 思い出させてくれるような 昭和の匂いを色濃く残し
細胞 1個・1個が 浄化されていく感覚さえも 覚えます。

IMGP0700.jpg


IMGP0698.jpg


しかし、お祈り時間が やたら長く 蚊に3箇所も刺されてしまった。。。

〆に 「おみくじ」を 引いてみました。
巫女さんに 100円を渡して おみくじ筒を しこたま振って
出てきた番号は 16番!!

オイラ 「16番っス!!」
巫女さん「ようこそ おいでなさいました!」

笑顔で渡された おみくじを開いてみれば・・・

きょぉぉぉぉおおおおおおおおーー!! 

お笑いの「ヒロシです・・・」の バックミュージックが聞こえてきそう・・・

これは ネタじゃなしに マジネタです。。。
でも そこはポジティブに捕らえ

今が一番 下なのだ!
これ以下は無いから 上がる一方!! アゲアゲですわぁ!!
と、ばかりに 境内の木に 括り付けて来ました!

ホント 人生って面白いですね!



TOP
本日 生まれちゃいました!
本日、ナント!
嬉し・恥かし・オイラの 誕生日だ!!

針の名産地 兵庫県は播州「西脇市」に 生まれ
幼少の頃から 夏の遊びといえば 釣り・川で泳ぐ・カブト虫取り
と、典型的な カッペスタイルで育った。

222222.jpg


都会に憧れ 中学を出て すぐさま、何の宛てもなしに大阪はミナミに
出る。(当時15歳)

IMGP0021-11.jpg


1年間ぐらいで30種類ぐらい仕事も変わり 
ようやくビジョンが決まり 専念したのが 日本料理の修業。(当時16歳)

しかし、志し半ばで 大きなダンプに交差点で 巻き込まれ
体 左半分の神経麻痺にあい リハビリする事 2年。
(不思議な事に 骨1本も折れてなかった!)

不屈の精神で 何とか自分で動けるまでに 回復し ついた仕事が営業職。
売っていたのは お酒とサービス。
(最近の番組で言う ロミオとジュリエットの世界だ。当時19歳)

その頃、少し早出して ミナミで歩いている所を スカウトされ タレント事務所に所属。
出ていた番組が、ワイワイサタデーと、鶴こうの土曜の夜の深夜番組。
2足のわらじを履きながら 何とか この大都会で生き延びる。

時は、バブル絶頂期!!
出勤前には マハラジャに、梅田クゥーに 入り浸り 
終電前には 店を切り上げ出勤と・・・
宙に浮いた期間が流れる。

しかし、連日の過酷営業の為 肝機能を調子悪くし 人生の岐路に立たされる。
騙し騙し 頑張るが 遂に目の白い部分も黄色くなり始める・・・
そして 完全なドクターSTOP。
やむなく退店。。。

大都会で またもや道を失い 途方にくれる。。。
その時、当時 勤めていた店?の、オーナーのお声掛けで、
某企業に激・平社員であるが 途中採用。

この仕事も営業の世界で、頑張れば年功序列も関係なく TOPに立てる。
よく、営業の成功者のセミナーなどを、聞きに行き、今でも記憶に残っているのが
朝日ソー○ーの会長の話。
あと、読みふけっていた本が アンドリューカーネギーの「巨富を築く13の条件」

1代での成功記に 感化され、がむしゃらな月日が過ぎ 
大都会で 生きて行くには営業成績を 上げるしかない!
その背水の陣の中 3年後には全社上げてNo.1に輝く。

当時のストレスの解消法は 休日のバス釣り。

はたまた デジタルな世界に 普段居たばっかりに 
ふっ とした時に 実家に帰りたくなる時もある。

いつの頃だろうか・・・
その不意な里帰りを思いつき 帰路に立った。

日本晴れの秋の頃だろうか・・・
生まれ故郷に帰り 懐かしい裏山に登り 村を見下ろす。

20060731150628.jpg


余りにも、のどかで、小さい・・・
そこに1軒の 新築の家が建とうとしている。

それを見た瞬間に 「人生で生きてきた証に 1軒屋・・・」
言葉は 悪いが なんと生涯ってのは短くて たった1軒の家を建てて
それを支払っていく為の 人生だなんて・・・
オイラも こんな家を建てて 支払い終わったら じぃさんかよ・・・

ほんとに言葉は悪いが オイラには人生のゴールが 見えたみたいで
とてつもなく 虚脱感に襲われた。
その時に オイラの中で何かが変わった。

翌日 大阪の本社に出勤。
「人生 一回きりだから 好きな事をやりたい!」と言う 子供じみた理由で 退社。

そこからアウトローな道を 模索状態で歩み始め 間も無く会社を設立。(当時26歳)

数年後 時は 上場バブル・・・
オイラの会社も 景気良く 上場基準に決算を見れば乗っかっている。

しかし、体力があるからこそ 上場の必要性は無い!と、判断して
もっと理想を求めて! もっと自由な時間を求めて!・・・
創業時の思っていた事を 日々、考え 葛藤が起こり始めた。

もともと、安泰・マンネリ・組織を 激・嫌う性分なので、当時から
過激に嵌まり始めた バス釣りに更なる情熱を注ぎだし
もっと、バス釣りをしたい! もっとバス釣りに時間が欲しい!
・・・と、心は変わる。。。

決断したのは2003年・・・ 
激闘の末 立てた クラッシック&チャンチャンの W入賞。
これを期に 持ち株を全て返上をして フルタイムプロに・・・

20060731150549.jpg

20060731150535.jpg


そして時は 流れ・・・ 2006年 夏(現在)

誕生日を迎えた。

この約3年の間に 沢山の方々に助けられ またホントに良いスポンサー様に 恵まれ
どっぷり 釣り人生を歩ませて頂いている。

決して裕福ではない・・・
しかし 裕福ではない現実とは 反対に 素晴らしい時を過ごしている。
これが オイラが求めていた 生きている証だ!

勝たなきゃ無名? 負け続ければ、またまた無名?

一般企業の営業の世界でいう 結果が全てだ。

良く 似ている。

あくまでも 第3者から見れば 結果を求められるのもバス釣りの世界も同じだ。
しかし、バスの世界は プロセスに共鳴してくれる風習?が ある。
ストレートに言えば 努力している姿勢を 評価してくれる世界でもある。
(一般企業では 上司は評価をしてくれても会社は 評価を見てくれない。オイラはそうであった。)

これが、通常の一般企業の営業の世界とは 違う所だと思う。

試合で勝った方が 当然いい・・・
しかし、それだけで無いのが バスの世界だ。

オイラと同じ苗字の ド級の釣り吉がいる。
余りにも有名!
この人は 試合に勝ったか? また競い合う事を好んでるか?

あくまでも、自分自身の釣りを追及して生きて行ってる姿勢に
多くのバスマンが 共感を得ている。
この現象 しかりだ。

オイラもメンターだから 負けず嫌いだ。
しかし、ホントの所は 勝っても負けても 常に吉なのだ!

試合の中の湖上では 対 人間ではない!
対 魚なのである。
いかに魚の気持ちに リンクできるか? 
はたまた湖の状態に シンクロできるか?だ!

ここが、すごく面白い所で 試合結果のインタビューアを聞いていても
エリアも気になるが、それ以上に その場所で そのリグが お好みだったんだ!って
そのアングラーの感性と リンク・シンクロ状態に いつも拍手だ!

魚にはSFJのコラムにも 良く書くが 偶然で食ったは無い!
意識が働いたからこそ 食ったんだ!

しかし 人間には たまたま投げれば 食って来た!と言う表現も良く聞く。

これは きれいな文語にすると シックスセンスと言う言葉が 嵌まるだろう!
この シックスセンスを 意図的に操れれば バツグンの結果が伴うに違いない!
これは一般企業の 営業も同じだ。
しかし 意図的とシックスセンスは 相反する所にあるのが また面白い!

解らない! 奥深い! ゴールなんて当然無い!
だから 大の大人が バスフィッシングに嵌まるのだ!

そして そのゴールの無い分野で もがき・苦しみ・考え・行動した数量が
多ければ 多いほど 称えて貰えるのもバスの世界だと思う。

本日、誕生日を向かえ すでに人生の折り返し地点を 回ってしまった
オイラ・・・
ここから更に 加速・向上!
そして 自身の釣りの探求に拍車を掛けたいと思う!

遅い 梅雨明け宣言がされた本日!
迎える夏!!
新緑も冴え渡り! セミも鳴き! 太陽も惜しげもなく降り注ぐ!!
最高の 誕生日日和だ!! (^^)  


TOP
またロクマル!
20060730160009
4キロアップ!
小さい子が 持ち上げるのに必死ですわぁ!
TOP
ロクマル2本!
20060730150635
BT5000のウエイイン風景です!
ロクマルも バンバン上がってマス!(*^_^*)
TOP
BT5000 ウエイイン!
20060730145739
8kgオーバーも 飛び出す釣れ振り!
TOP
BT5000
20060730072106
いよいよスタートです!(^^)v
TOP
蜂!
20060729160920
湖上で隊長に 遭遇!
なにやら蜂に刺されて 怒ってました!
…で、消毒とばかりに 裸になって自身のアンモニアで、消毒してました!
利にかなってます!o(^-^)o
TOP
バホバホ!
20060729153920
これぐらいのブリブリの 2キロフィッシュが ガツガツ食って来ますわぁ!
エリアは 先週とかなり違いますが やはり琵琶湖は熱い!!
TOP
キターーーー!
20060729123328
本日も、スコール 爆風が来ましたよ!
避難です!
TOP
さぁてと…
20060729110029
ぼちぼち 出ますか!
…って 昼ですね!
高速が かなり混んでました。
TOP
やってもたぁ!
20060729093921
早朝より 琵琶湖へ向かって あと少しで京都東の降り口って所で、ナント!携帯を忘れた事に気付き 慌てて Uターン!
最悪…(T_T)
…再度 琵琶湖へ!
その途中に 粋なライダーを目撃!
ハーレーを操る 女性ライダー!
写真じゃ解りずらいが 革じゃんの下は キューティーハニーばりの エロかっこイイ!
夏だね!(*^_^*)
TOP
帰って来たぜ! シェビーが!!
本日 約1ヶ月ぶりに愛しの シェビーが帰って来た!
何だか 新車を納車してもらったぐらいに 嬉しい・Y!

そんでもって 早速 マイホームになってもらう為
家の中に どっさり積み降ろしていたものを 積み込みしてと・・・
少しドライブもして まっすぐ走るかどうか確認もして・・・

ニンマリ!! (^^)

そして 明後日にBT5000 「夏の陣」が開催されるので
慌てて タックルの煮詰めなおし・・・

あ~だ こ~だ考えてて あっという間に この時間(約4時間 掛かってます)

妙に 今週に入って 釣れない!としか聞こえてこない 琵琶湖に
なぜだか 凄くトキメキを感じる!☆

パターンもエリアも ごっそり変わっているのは 間違いなし!!
んでもって 新エリアを 探すのが楽しみで×2 今夜は寝れそうに無い!!

痛み止めも 今日 お医者様にたんまり貰って来たし 準備万端!
(ホントは 休んでる方が 良いみたいですが・・・)

今回のBT5000は、連覇が掛かっているので チト気合も入っている。
余裕があれば リアルタイムにアップしますので ご期待下さい!



TOP
久々に…
20060728164827
市内に出てきたので 高井戸のブンブンに 寄ってみました。
いつも、使う物が同じなんで あまり新製品には興味はないのですが 一つ かなり試したい物を 発見しました。
ただ、色がいいのが残ってなかったので、今回は見てるだけデス!
しかし 釣具屋は 癒されますね!(^^)v
TOP
ようやく解放!
20060728145725
なんだか あまり、どんな内容だったか、覚えていません。
エアコンの気持ち良さに ついつい…(^^ゞ
終わって外に出てみれば 大阪城!
ここも オイラの家と一緒で エアコン無しですわぁ!(^^)v
TOP
やばかった!
20060728131215
グリグリ眼鏡を 忘れてきて 視力検査で あてすっぽ右や左って言ってたら、完全に見えてないのが ちょんバレ!
あたふた してると 後ろの じぃさんが「ホレ! 貸したろ!」って、 老眼鏡を貸してくれて、老眼鏡?って思いながらも 無いよりかマシ?の、一か八かのイッパチ君勝負に出てみた!
五分五分の見え方だったが 合格らしいっス!
助かった! じぃちゃん サンクス!(*^_^*)
TOP
暑いー!
20060728123624
本日、行事ごとで No.1ぐらい いやな行事に来ています。
忘れた頃に やってくる海技免許の更新です。
都島区片町のセンチュリービルです。
約2時間の 辛抱です。。。(@_@;)
TOP
あと ちょい!!
暑い夏の夜は 皆さん いかがお過ごしですか?
オイラは またまた 燃えてしまいました!

ハイ! あいも変わらず オセロです。

自己新までは、今回 行きましたが、レコードまで あと3枚!!
40:0の 壁は厚い・・・

              42:0

200607272153000.jpg


TOP
ようやく帰って来た!!
先だって破損していた オイラのメインロッド&リールが 帰って来た!

スーテクん! に アンタ君!

アンタ君はハンドルが 固定するネジのタップが 不慮の事故で ぶっ飛び再起不能&スプール回転は軸が ぶれててフルキャストでも ピッチング状態だった。

半ば 買い替えか?と、長年連れ添ってきたパートナーに 涙しそうだったが
そやつを、ハンドルはタップが飛んでいたので 斡旋交換は仕方ない所だったが
スプールに置いては メーカーメンテを上回る技術で しかも超安価で
治して頂いた。

まさに 神業!!
そのショップは・・・
関西の人なら モチご存知!!

擬似餌屋
(ワンクリ↑GO!!)

ロッドカスタムから リールのオーバーホールまで ホントに安く
納得行く仕上がりに 仕上げてくれる。

※リールのオーバーホールは 全バラシに全洗浄! 
 仕上げにスピンと潤滑グリスで 完璧仕上げ! 
 値段は、問い合わせて下さい!
 ゲンさんのブログ見た!で、驚く価格でやって頂ける! ハズ?
 寿命も伸び回転UPが 即座に体感できる程だ! お勧めです!


商品も レアなものから釣れ筋まで 店内はレジのスペースも ままならないほど
並べられている。

しかも、琵琶湖人ならM.Hロッド(今回はスーテクん)が無ければ 
釣りにならないぐらいに 使用頻度が高いのは 
オーナーも現役マスター選手なので 理解して頂いており

スーテクんが メーカーから修繕が上がってくる間 
ナント!
自身のロッド(お互い商売道具だが・・・)を 惜しげもなく
リール付きで 貸して頂いていた。

この場を借りて お礼申し上げます!!
本当に助かりました! 有り難うございました!!

当の本人は 最近 ダイエットしたいと つぶやいてはりました。

200607271719000.jpg


TOP
だいぶ琵琶湖も 落ち着きだした。
本日の琵琶湖は あいも変わらず全開放水 水温的には余り変動無し。
水位もようやく+28cmと まだまだ増水傾向にありますが
魚は 水温に馴染んで来た様子。

それに伴い ここしか釣れない!って現象は薄らいできて
バスが、またまた広範囲に 散らばってる感じの本日。
(本日出ていたアングラーの 感想です)

イメージ的には、初秋の感じでしょうか?
でも、やはり大型は南で多数キャッチされています。

ただ、水質が余りよろしくない状態らしく ガツガツ・ボコボコのイメージには遠いみたいですね。

反対に 北側がようやく 夏の釣りが成立しだしている様子。
単発感は 否めない感じみたいですが 1本あたりのウエイトが
南の魚の比じゃない Goodコンディションが 上がっています。

週末辺りには 早ければ水門を徐々に閉めるかもしれません。
そうすれば 「お帰り!ため池南湖!」 と相成り
水温は日増しに上昇をして それに伴い魚もプアになり 釣果の伸び悩みが予想されますが

反対に水温が 上がり始めの初期は 何処かで爆釣劇が 繰り広げれると思います。
水温が上がりきった 来週末?辺りが アングラーの腕の見せ所!となるでしょう。

先週の魚が どう動いて 何に激・反応するのか? 早く試したくて仕方のない ゲンさんでした。

TOP
夏 本番!!
梅雨明けは まだのようですが 本日は すっかり夏模様!!
気温も昨日とは打って変わって 南国みたい!!

病院の帰り 何気に前に現れた 入道雲・・・
夏のアイテムの一つです。

自宅にて 一日でも早く 痛みが取れるよう養生してると・・・
窓越しに ミンミン蝉の泣き声も 聞こえてくる・・・

エアコンが無い オイラの家・・・
扇風機の羽の音も 心地よい・・・

え? エアコン無いの?って!
ハイ! 普段から自然気温に体を慣らす為 エアコンは無いのです。
じゃないと 夏場は湖上でバテちゃうしね!

そろそろ夕立が 来そうだなぁ~
きっと琵琶湖は 釣れてるんでしょうね。。。

200607271310000.jpg


TOP
もう一押し!!
またまた 白熱 オセロゲーム!!

あと一押しで TOKIOの 嵐の最中@バッテリー上がりさんを 抜けそうだったのに!!

でも 自己記録更新!!

            44:0

200607262133000.jpg


だいぶ コツが解ってきました!!
40:0の記録を破るのも 時間の問題だぜ!!



TOP
京都チャプター@最後の最後にドラマは起こる
そして いよいよフライト! 
(腰を労わり ゆっくり・ゆっくり滑走する)

案の定 六本柱南を通過時 横目で見ると かなりの船が浮いており
跳ねてナンボの 真っ最中!

間も無く オイラのエリアに到着。(浜大津沖)
まさにここは ギャランドゥー!(ガラガラの意)

落ち着き 山立てに入る・・・  が・・・

オー マイ ゴーッ!!! 
ローライトで バックの山々が ガスの中。。。

そして オイラは・・・

オー 迷子ぉー!!! 

そんな 寒いダジャレを言ってる 場合ではないが・・・

この時期 よくよく このような現象に遭遇する。
オイラの船には GPSが付いてない。。。
群れから外れた 大間のマグロ漁師の気持ちが 良く判る。
しかし 今に始まった事じゃないので 感覚で入る。

この辺?って所で エレキに切り替え 釣り開始。
しかし 多分? ずれているに 違いない。
ウィードの感触も シンカーの落ち方も違う。

徐々に流して行き ようやく それらしき所に辿り着く。
(釣り開始!)

そして、現場に馴染む間も無く・・・   
「グン!グン!」と 打ち込んだリグを引っ張る 何かが!・・・

腰は使わず 腕で抱き込むような 素人バウアー!!
即座に ヘビーロッドが ミディアム状態!!

「行けるでぇ~!!」

ロッドをあおる事が ままならないので 一挙に 巻きを早めて引き出そうとしたが・・・
4回目ぐらいの ヘッドシェイクで ヘビーロッドは天空を一直線。

言葉が出ない。。。
震える指先で スパスパ タバコを吸ってみた。


・・・えずいた。。。


しかし 居るには間違い無いので 気を取り直して 再び打ち込み
ものの30分後・・・
ベイトのクラッチを 入れる間も無く スプールが回り始める。

今度こそ!!
表層早引きの如く 巻いて巻いて 巻き合わせーーーー!!!

「グゥン!!」

ノリオった!! きっと世界の田辺も ビックリなハズ?
しかし 悪魔は来たりて ピィヒョロロ~

忍法 藻だるまの術を かまされた。

これが船団の中なら 「の」の字を 100回ぐらい書いて 煙が出ていたに違いない。。。

遠めで見れば 「あいつギルバイト合わしてるん ちゃうん!」 状態。
ここは、グッとこらえて アングラーだけが解る 秘密のあっ子ちゃんなのだ。

これは イカンガー!と、最後の手段。
スピニングの屋根打ちに チェンジ。

一か八かの イッパチ君勝負に出る。
シンカーは なんとアンバラスな10g。
ロットは スピニングじゃ硬い方だが キャスト前から すでにミドスト用。。。

そんな事は、モーマンタイ!

しばらく打ち続けて 着低と同時に ナイロン袋を引っ掛けたようなバイト!!
半ば向こう合わせで しっかり乗る!
グングン トンネルをオイラの気も知らないで 横走り。
次第にロットは 魚+藻の重さも加わり リールシートまで浮かす勢いの 曲がり方。

なんとかエレキで追っかける。まるで「イルカに乗った少年」状態。

でも、効をなしたのが ウィードがMAXに育ってなかったので
適度に ラインから外れてくれいる。 
要約 最後の突っ込みで ウィードの中に 魚がロックオン!

フ・フ・フッ・・・

真上まで来て 奥儀:ウィードから ひょっこり術を使い 見事 ランディングに成功!!
こやつが 53cmの2300g!!
ありがたい!!

続いて 間も無く52cm 2200g ゲット!!
調子ずいて来た。

しかし そうそう何度も 上手くいくはずは無く
結局 7バイト 7ヒット 3ゲット 4サヨナラ~で終了。
(野球だと サヨナラ~はイイ響きなのだが・・・)

帰着時間もせまったので 帰路に着く。
会場近くで 時計を見ると まだ時間が20分も余っていたので
観測等を 何気に打ってみた。

ここで、ラッキー・クッキーのラッキーフィッシュの 50UPが入る!
まさに オイラは ラッキー池田ダンシング! (心の中でね!@照れ屋なんで・・・)
速攻 ライブエルにしまい込み 帰着。

しばし桟橋で 談笑しながら みなのウエインバッグを チラ見。。。
そして ぼちぼち検量に入ろうと ライブエルを開けると・・・

吉宗じぃのBARの音楽が・・・

ナント!観測等ラッキーフィッシュが ディープから時間も無いので
速攻 抜き上げたので 青息吐息の桃色吐息。。。

慌ててエアー抜きを 試みたが・・・
刺した瞬間に 強烈にビクつき出した。。。

痛いの? 痛かった?  ・・・と、バスに問いかけてみる。

ヤバイと思い 一旦抜いて ライブエルに戻し 様子を見るが
見る見る魚体の色が 黒→茶→薄茶 と、カメレオン。。。

オイラの めん玉もカメレオン状態。。。

吉宗じぃのBAR音楽が アンルイスの懐かしのソングに変わり始めた・・・

まさに あぁ 無情・・・

数十分前までは ラッキー池田ダンシング!
今は 只の カメレオン親父。。。

天国 と 地獄
ギャル と オバハン
モー娘 と 森三中

相対する言葉を 並べてみた。。。

やも無く 2本と1匹を持って 検量へ・・・

結果は 皆さんご存知の通りでやす。。。

しかし、これがあるからこそ試合なんだなぁ・・・
試合後に メンターが集まって お茶なんぞしていれば
・・・たら  ・・・れば のオンパレード!

パーフェクトが出来ないからこそ 大の大人が嵌まるんだ。
思ったように 行かないからこそ 次こそは・・・と、思うんだ。
それが バスフィッシング!!
まさに エンドレス ゲーム!!

如何でしたか? 今回のゲロ話し。
中々 試合が立て込むと 本音は語れませんが 今回はかなり リアルに迫ってみました。

情報に左右されて 釣るのもしかり・・・
されど一皮むけるにゃ 釣果低迷 覚悟で練習。

流行り物もいいが 自分の得意な分野を 更に進化させるには
もってこいのハイシーズン!!
やってる事が 合ってれば魚は答えを返してくる。
違っていれば 総スカン!

こんなに楽しい事は ないですよね!!

いよいよ夏 本番!!
更なるスキルUPを目指したい方や 
あれは 実際どうやるの?って リアルを体験したい方!

オイラでよければ ご案内致しますよ!!
ド級の釣り吉の方! 心より お待ちしておりヤス!!

             



   


TOP
京都チャプター@ここが本命ポイントだった!
そして、時期的には概ね この時期にはまり込むウィードエリアがあった。
(今年は まだ早いか?)
最後のチェックを 試みる。

だが、今年の琵琶湖は、例年より約2週間 オイラ的には遅れている感が 否めない。

そのエリアのKeyは ウィードの高さにある。
通称:屋根打ち!

本日は、大増水+水温低下で「まだ入ってきてないかなぁ?」ぐらいの感覚。
水位が上がると 水面とウィードトップクリアランスが 多く出来
このエリアのMAX状態が 整わない。。。

・・・で、その肝心なエリアは、何てこと無い 浜大津沖。
昨年も ここでモンスター級のパラダイスを 試合中に味わった。

詳しい事は、東レのH.Pの アングラーズレポートBASSのバックナンバーで
2005年度 8月23日にUPされている記事を ご覧下さい。
(試合の日は7/30~31の ギンギン2DAY! 本物の祭典 B.A.I.T TOPだ!)

ほぼ、このレポートに図解入りで ゲロしているので読まれてから
下記に 目を通して頂ければ 話しが繋がります。

・・・で話は戻り 先週末の釣れそうで実は 釣れない琵琶湖の状況で
トンネルは、まだ半分ぐらい?しか 出来てはいなかったが 実釣開始!

しかし ものの2投目の打ち込みで 答えは返って来た。
ほぼ 貸しきり状態の 不人気エリアだったので ゆっくりいなして
抜き上げてみれば54cmの2400g フィッシュ。

ここで出れば ほぼロクマル確定!?の ポイントだけに
まだ、本調子ではないと思いつつも 他の3エリアより はるかにポテンシャルは高い!
ここの魚の特徴は 冠水系で釣った時と同じような 黄色いバスが釣れる。
間違いなく ザリ系をバリバリ食べて タンパク源とりまくっている様子が伺える。

歯も 他の回遊系と違い まさに「剣山!」

さぁ、ここでコマは出揃った。
明日は、チャプターなので3本リミット。
組み立てを間違えると 今の琵琶湖じゃ1本=4kgフィッシュと言う
ゴチンもありえるので 非常に悩む。

重さ的にもアベレージも 一番イイのが 北フラット。
しかし、型揃いが故 3本のMAXウエイトが限られている。
反対に 平均アベは 1500~1900gだが 時折 スーパービッグが入るD,H。
こちらも 気にはなるが 誰しもが向かうと判断してパス。

あと六本柱南は ここの所 人気場所でも有るし 最近良く吹く南風が強く吹けば
腰イタのオイラには ああ無情。

ならば、浜大津沖の 時期草々だが このエリアが一番ベストとなる。
しかし、問題は この釣り方は かなりヘビーなので フッキングが命となる。
その要の フッキングがYO2の為 現在ままならない。。。

得意な季節だけに トンデモフィッシュを持ち帰りたい。
葛藤が 続いたが 医者に貰った痛み止めの効力に 全てを掛け
ここを本命とし 釣り方は同じだが リグをヘビーロットも用意はするが
スピニングも スタンバイさす。
しかし、ラインは2500番で巻ける 限界のフロロ7lbを装着。

これで、藻から引き抜けなかったら 打つ手無し。
それも、これも、全てが試合。
勝っても 負けても 常に吉!
これが オイラのモットーだしね。

そして当日を向かえ・・・


          続く・・・





TOP
キターーーーー!!!
またまた TOKIOの 嵐の最中@バッテリー上がりさんからだ!

暇さえあれば ついついやってしまう オセロの新記録樹立報告

ナント!!

               40:0

20060725223726.jpg


ヒョえ~~~
しかも、40:0は 何度かあったそうな!
コメントには・・・
40の壁は 厚い!! と書かれてあった。

オイラは あれから 設定が上がったの?ってぐらい
勝つのは勝つが 真っ黒くろ助には ならないのだ。。。
ぐやじぃ~~


TOP
京都チャプター@琵琶湖でマジ釣れてるエリア詳細(其の4)
そしてD,Hよりも更にパワーが あったのが
D,Hの上の通称:北フラット!

ここは、例年アフターのバスが溜まる場所で アーリーサマー時には
豆が非常に多いエリアでもある。

しかし この、土・日は水温が一挙に 6月末ぐらいの平均水温に戻った為 
D,Hのエッジ&回遊系の魚が ショルダー越えをして
このフラットに どっさり溜まりこんだベイトを 捕食に掛かっていた。

その証拠に週末のD,Hは、4m・6mでは食ってこなく 
ショルダーの上にキャストして 殆どフォーリングで食って来ていたのが 
ショルダー越えをしている 魚が多いという証拠でもある。

そして北山田のミディアムに回遊している 固体のデカイのも
この北フラットに捕食に降りて来ており 更に人口島内の
ブッシュに着いているイエローバスまでも 増水+ローライトの条件+流入河川の濁りを嫌い
橋越えをして 捕食に来ていた。

まさにD,H+北山田回遊系+人工島ブッシュ系のコラボ状態であった。

まず なぜにこの北フラットに ベイトが溜まりこみ またバスが
フィーディングスポットとして 好条件となったかと言うと
ウィードの生え方(地形?)が すこぶる今の時期と重なり 良かったからであらる。

北山田のミディアムウィードフラットは、人工島前の通称:北山田2連取水塔を境に 
ウィードの高さが無くなり エッジを形成している。

そして人工島の橋を抜け 西に向けて2連取水塔を少し越えたぐらいから 
ウィードの高さが無くなり これまたエッジを形成している。

はて? この条件は!
そうです。オイラのブログを 連日読んで頂いている方なら お解かりかと思いますが
六本柱南の4条件と 重なるのです。

高さのある ウィードフラット
凸凹ウィードフラット
ウィードフラットの中の剥げた所
ヤヤ薄れ掛けた感はあるが、アウトサイド
(自衛隊側・北山田側・六本柱側・浜大津側)

そして、ここも同じでウィードの剥げとまでは行きませんが
薄い所(低い所)が 何箇所か点在しており そこに六本柱の時と
同じような状態で ベイトが溜まりこんでいる状態だった。

バスにしてみれば ウィードの壁がある為に ベイトを追い込みやすい。
ベイトも連日の湖流が発生していた事も重なり 知らず知らずに
ウィードのエッジに張り付いている状態。

そこに目をつけた D,H+北山田回遊系+人工島ブッシュ系のデカイのが
フィッシュイーターの本能を元に 集結した状態となった。

でも、基本は急な水温低下なので このエリアを攻めたアングラーでも
かなりの釣果の差が出た。

そうです。STOPを入れたアングラーが かなりの釣果を上げています。

現に、ガンバレ!ヒューマン君も前プラから ここが船団になっていたので
エメリヤーエンコ・ヒョーロクをかまし 爆釣をしており
明日は、優勝かも?と オイラに「つぶやきシロー」していたぐらいだ。

しかし ヒューマン君の誤診断は 前プラは晴天! 当日はローライト!
ここに 大きな罠が有ったのだ。

前日は、激しくシェイク(通称:ヘビネコ=川さんリグ)で
50UPを 他をよそ目に 抜きすぎぐらい抜いており
楽しすぎて時間一杯まで マリーナには帰ってこなかった。
(いつもは 1番乗りでプラ終了 小僧である)

そして当日、意の一番に向かって 昨日同様 激・シェイクかますも
ギルバイトすらない・・・
皆さんは お解かりだと思うが 前日より更に水温低下がローライト効果で進行して
激・シェイクは総無視され ステイを入れた物だけに激・反応!!

だが、アドレナリンが回ったヒューマン君の シェイクは時間終了まで
止まる事は無かった。
ご愁傷様である。

オイラは、今の時点で3箇所
六本柱南 D.H 北フラットと、感触を掴んでいた。

しかし、完全に勝つには もう一手エリアが欲しい!!
実は その後に 更にモンスターの祭典が 始まろうとしていた所に辿り着くのであった・・・

そのエリアは・・・

            続く・・・


 


TOP
京都チャプター@琵琶湖でマジ釣れてるエリア詳細(其の3)
大変遅くなりました。なぜだか本日は、病院がスゴイ混んでて
要約 今 開放された感じです。

ゲロ(其の3)D,H編 行ってみましょう!

まずこのD,Hが 吹くか?吹かないか?には、大きく分けると3つの条件がある。

①南郷の放出量が、最低200以上あること。(150ぐらいでも爆発の時もアリ)
②水が、釣れる水の色、やや笹にごりであること。スーパークリアーはNG
③他船のボートポジションが、ショルダーの上に取っているか?いないか?

この3か条が 釣れる条件の要素である。

基本的にD.Hは、オールシーズンエエ魚をストックしている。
春でもD.H内で産卵をするバスも居る。
事実ホールの魚で、もう限界ぐらいに腹パンパンの魚で 居てもたっても居られず
されど、場所・条件・相手が見つからず のちに破水したようなバスを
何度もオイラは 掛けた事がある。
(腹の中で 卵が腐っていて 釣って暫くすると 腐った卵が出て来た)

夏・秋しかりで、食うか?食わないか?は 別にしてエエ魚は必ず居る。
そして冬場になれば、10~13mのディープな泥底で 少しだけ背びれを出した状態で
微動足りもせず 越冬しているバスも居る。

これは、オイラが昔 誰も居ない真冬にD,Hを2週間 メタルとラバジだけで
練習していた時に おかしな魚を12mラインのフラットから スレ掛りで
抜き上げた時 はっと気ずいた。

その魚は 体を真横から見て 3/4はバス柄も無く真っ白! 
そして、背びれの部分の1/4だけは 薄い茶色!
しかも3/4の白っぽい部分の ウロコの隙間には 泥が要所要所 埋っていた。
匂いも 野池バスの様に 非常に泥臭い!
これらの現象から 泥底に体を埋もらせて 越冬していると判断。

オイラの実家の播州 西脇市の野池でも 秋から冬にかけて野池を天日干しする。
当然、水はすっからかんの状態なのに 来春ぐらいには、農業用水として水を張り始める。
そして、なぜだか40UPが釣れてしまう。
豆が釣れるならインレットからの 流入と考えられるが 40UPが水揚げされると言う事は やはり、水気がある泥底で 天日干しの期間を耐え凌いでいたと 考えられる。

少し話しは ずれてしまったが ようはD.Hは、南湖で1番バスのストックが
年間通して多いと 言う事だ。

そして、話しは京都チャプターの時の 条件に戻し
考えると・・・

まずは、南郷が全開放水!(ショルダーに大きくカレントが出来る)
水質は、微妙に笹にごりが入っていた!(近距離戦のD,Hでは バスの警戒心が揺るむ事が大事)
湖流がきつい為 他船のボートポジションもショルダーの上に乗っからずに
イイぐらいに流されて ベストな距離間を ショルダーから保っていた!
(ショルダー上ステイなら 丁度 バスがブレイクにS,Pしている位置、若しくは 回遊してくるコースに 水流波を当ててしまい釣れなくなる!と言うより居なくなる! または、回遊コースを反らされる!)

・・・と条件は、整っていた。

あとは、ブレイクの何mで 食ってくるかを試すだけ!
基本は、3/8のラバジで 全開放水時の湖流MAXの時でも 
8mのブレイク途中の コリコリ感を感じれる取れる アングラーでないと
まぐれで釣れても 狙って取る事は出来ず 集中力が続かないだろう・・・

基本のチェックは ショルダーエッジの3,3m 4m 6m 8m
これで事が済むと思う。

投げるのは、基本は北向きのダウンヒル。(食わなきゃ半対もアリ)
キモは ウィードの切り方と ロットアクションにある。
(これは実践してみて下さい!ガイドのお客様には実践で お見せしています)
(あとラバジの色・トレーラーの形・色にもベストと思われる物が あります)
試合結果は エコ戦だから あまり宛には ならないですね。

食い方は 1500~1900gまでなら 明確に「ココッ!」若しくは「コッ!」と出る。
しかし、試合で勝つなら それ以上の2000~3000gを取らなければ D,Hで1等賞は貰えない。

そのキッカーのアタリは まさに食い上げのアタリです。
ジグが着低するはずなのに 感覚が無い!
若しくは ラインスラッグ及び ラインに湖流が当り微妙に 重みを感じているはずなのに
なぜか いつもより軽く感じる。
そのバイトを 取るのだ!
経験と練習あるのみです。

しかしジグだけが D,Hの大道では無い!
D,Sでも イージーに取る方法はある。
(ワーム・シンカー・針 全てに置いて かなり特殊です!)

しかし この方法はオイラも 山中のディープマスター
(昔 ワールドだった人ですね! 今は ガイド業をされてます)に
伝授してもらった方法なので
ここでの 公開は控えさして頂きます。
(ガイドのお客様には 実践でお見せしています)

実際 数が獲れ 釣れ続けるのはD.Sの方です。
(大型も 当然出ますが 取り込めるか!否か?は ドラグとエレキの操船技術によります)

しかし ここで条件がいくら揃っても 釣り方もマッチしていても
1発目で 35cmぐらいが ヒットしてくるようでは D,Hは 見切るべきです。
あくまでも、条件と釣り方の 双方がマッチしていた時に!です。

ハイ! かなりゲロしたつもりです。
よって 土曜日は オイラもやりましたが リグがマジで 底に着かなかった状態でした。

そして日曜日も プレッシャーがあったにも かからわず
しっかりD,Hで 優勝者が出てます。

それから、D,Hより 更にパワーがあったエリアは・・・

           続く・・・ 


TOP
自己新記録 更新!!
深夜に 何の更新かと思えば 最近 癖になりつつある企業戦士 続出?の 
甘アマ×3設定の オセロ!!

つい最近、TOKIOの嵐の最中@バッテリー上がりさんの 記録には追いつかずだが
ついにオイラも 自己記録更新!!


200607250021000.jpg


             49:0

真っ黒 黒スケ出ておいでー!!ってもんだ!!

かなり今回は 頑張った。
しかし、嵐の最中@バッテリー上がりさんの記録

45:0 には、かないません。。。

負けず嫌いが メンターの誇り!
必ず勝って 見せますたい!!

皆さんも 記録更新されたら ぜひ!ご一報を!!
あっ! 勝った人は 宜しければ下のバナーを ワンポチ下さいね!




TOP
京都チャプター@琵琶湖でマジ釣れてるエリア詳細(其の2)
まずは、最近人気の六本柱南のウィードエリア。
こちらは、何処をどう狙ったらいいのか?って方が 多いと思いますが
一見 ただのウィードフラットに見えますが
きっちり魚探掛けると 釣れる場所・条件が存在します。

ため池状態の南湖の場合は、基本的には回遊は頻繁に 行われず
高さがあるウィードフラットの中から バスは上を意識して待機状態。
跳ねてナンボは、皆さんも経験あると思いますが、着低時に食って来る事が多いのもその証拠。

回遊系の魚の場合、フォーリング途中で「フッ」とラバジが 軽くなるバイトの出方をする。
その食い方で、今の魚の状態が把握できる。

そして、京都チャプター時の南湖は 全開放水にローライト。
アングラーの意識は、活性が高い!と誤診断!
その根拠は、低気圧中だが水温低下。
バスは変温動物だけに 低気圧より水温低下を優先順位に持ってくる傾向が強い。

じゃぁ、リアクションの跳ねてナンボが いいのでは?
確かに、それでも食う魚は居るでしょうが、もっと魚の事を考えてやれば
フィネスに部がある。
なぜなら、ため池状態ならばウィードの中に待機中の固体が多いが
水温低下と言っても、そこはローライト。
ウィードの中で待機するほどの 大げさな状態でもない。
しかし、浮いて回遊するほどのいい水温でもない。
なれば、ウィードフラットの中でも所々 剥げている場所が点在する場所が好都合となる。

そこに同じ気分で ヒョッコリ現れたベイトを捕食しに掛かる。
しかし、気分はやる気満々ではないので、ハードよりフィネスのが
その時のバスの気分には マッチング。

現に日曜日出られてた方も 気ずいたと思うが、いくらネコまっしぐらやっても
ギルバイトですら止めてやらないと 出なかったと思う。
ようは、活性高いように見えて水温低下のダメージを まともに食らっている証拠とも言える。

よってオイラ的には、土・日曜の六本柱南エリアは、ウィードフラットの中の
剥げた場所を、SPシャッドのステイ中心か、クランクの止めて浮かしてナンボか、フィネスの3・3・7拍子(←SFJの過去のオイラのコラムをご覧下さい)が、有効と思われた。

六本柱南の狙い所は・・・
高さのある ウィードフラット
凸凹ウィードフラット
ウィードフラットの中の剥げた所
ヤヤ薄れ掛けた感はあるが、アウトサイド(自衛隊側・北山田側・六本柱側・浜大津側)

この4点を 天候・風向き・水温によって、その時に場所・リグをアジャストしていき攻略する。
もっと絞込みを 詳しく書いてもいいのだが、
あとは現場での 皆さんのお楽しみに取っておきます。

続いて、D,H・・・

            続く・・・


TOP
京都チャプター@琵琶湖でマジ釣れてるエリア詳細
皆さん! お待ちどう様です!
現在の(正確には昨日&一昨日) かなり調子が良かったエリア情報です。
(あくまでも オイラがプラした感触です)

中々 試合が毎週末ごとにあるので リアルな話は控えていましたが
真夏に近ずき 試合間隔が少し空くので ゲロします。

まず、この大増水になった事で南郷全開になり ため池だった南湖が
ボディーウォーターを中心に かなりの復活を見せた。

その反面 北からの冷えた水が大量に入ってきて 当然の如く 水温低下が起こった。

つい最近まで 跳ねてナンボが好調だったのは ため池化した南湖の状態だった為 フォーリング&リアクションが有効であった。
(俗に言う夏パターンだ。この時点の人気エリアの水温は28℃)

しかし、南郷全開に伴い激・水温低下が起こり(週末は、人気エリアで23,8℃)フォーリングには、魚が出にくくなり 跳ねてナンボは非常に辛い展開に陥った。

水温が低くなった事で 魚が縦じゃナシに、少し季節を遡り
横に非常に反応する魚が増え クランクでも好調であった。
しかし あまりにも水温が劇的に下がったので 巻いては止めてやる
事が 釣果の差を生んだ。
(サスペンド系のロール系の物に レスポンスがかなり良かった)

そして 湖流が発生して ごっそり魚が溜まるのが 浚渫系!
下物しかり大穴しかりだ。
ここの魚は ボディーウォーターのウィードの魚と 反応する種類が違い
浚渫のエッジに出来るカレントの 少し離れた所にサスペンド若しくは
回遊しており
エッジのウィードから フラっと出てきてフォーリングする物に すこぶるレスポンスが良い!

大きく エリアと魚の反応する動き・物は このような感じだった。
そして、次に実際のエリア詳細を ゲロすると・・・

          続く・・・


TOP

本舗@YOU TUBE

一爆狂Ⅱ後編 PV

一爆狂Ⅱ前編 最終PV

一爆狂Ⅱ前編 其の④

一爆狂Ⅱ前編 其の③

一爆狂Ⅱ前編 其の②

一爆狂Ⅱ前編 其の①


一爆狂オープニング

一爆狂PV 其の二

一爆狂PV 其の一

B.G.Lローランスカップ

THE 熱狂人Ⅰ


THE 熱狂人Ⅱ

最近の記事+コメント

バナー

   ★バナー↓デザイン★ 当ブログをリンクご希望の方
下記より ご一報下さいまし!
    管理人 ゲンさん
   

訪問者数

QRコード

QRコード

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。