村上本舗
粋でイナセな釣り人生!  勝っても負けても常に吉!
☆ガイドサービス☆

受付終了
遊漁船登録 滋賀第142号
クリック↓イン!

バンカーバスターCM

リンク(順不同)
























since 2006.1/18

ちょいと、ひと勝負!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
琵琶湖チャプター 優勝パターン(インタビューア動画) 
興味のある方は どうぞ、ご覧になって下さい。




スポンサーサイト
TOP
バキバキ…

鏡面仕上げの様に ピッカピッカに仕上がりましたが 想定外の重労働でした…

たぶん、二度と自分でバフ掛けは やらないと思います…

来週は、ライブウェルの 増築です!
徐々に 自分仕様の 船になって行きます。
この過程が 楽しい!



TOP
きっちり

仕上げのバフ掛けしようと思ったら きっちりスコールに やられて 中断です…
雷も エグい音鳴らしてますわ…

TOP
楽しみの仕上げ


ここまで来たら あとは機械で バフるだけ!
ピッカピッカになって行くから 楽しみな作業です!

TOP
お次に


ここからが大変で 船体に光沢を!が お次のテーマで まずは1500番の水ペーパーで
船体全部を手磨きして 終わったら 一回、水ぶきして綺麗にして
お次に2000番で もう一度 船体全部を手磨きして 同じように 水ぶきして
仕上げに ポリッシャーで バフ掛けして ピッカピッカに 仕上げます。
体力勝負です!

TOP
仕上がりは

きっちり積めて 研磨してやれば きれいに仕上がるもんです。
タッチペンで同色に塗ったら もはや痕跡は分からないですよ!

TOP
こんな感じ

以前のオーナーさんが、開けた穴が どんだけ?ってぐらい開いてて
どうにも気になってたんで FRP入りパテで 埋めてしまおう!計画。

TOP
琵琶湖ナウ

本日は、日の出より パテこねて 船のあちこち メンテナンスな日です。

日の出ぐらいの 気温が低い時からやり始めても 硬化が早い…

研磨が大変そうなんです…


p.s
長友は 今日も釣って来るでしょう!
がんばれ!






TOP
灼熱を120%
                    ピーカン!
夏



                    ひまわり!
夏



                    スイカ!
0171.jpg



                    入道雲!
moblog_fd4ef63b_20140725235523795.jpg



                   懐かしの柳ヶ崎!
IMGP2193oki_20140725235422383.jpg



                    夕立
DSC_0857_201407252354199be.jpg



                   ラテンな人達!
DVC00065 (3)



            週末、行きましょか!
②


                 日本の夏は 短いです!
200708051815000_2014072600114901c.jpg






TOP
暑い・・・
ここは湿度も高いし ほんまに暑い・・・
DSC_0290.jpg

TOP
増築
毎度ながら ほんと、今の船の ライブウェルが 小さいのと
循環が悪いのか 試合中ともなると 魚のケアに追われて
ほんまに集中できん・・・

日曜の試合中は・・・ 

もう無理!
なんぼ釣っても同じやん・・・
次、デットしたら 本気で帰ったる!

って マジに呪文のように ブツクサ言ってまして
その精神状態やら グサグサです・・・

で、前から 構想を練っていたんですが リアに左右にあるストレージを
1個、潰して ライブウェルに してしまおう計画です。

センターの小箱が 純正ライブウェル。その右の大きな蓋のストレージ。
IMGP0634.jpg

左の壁をぶち抜いて 純正ライブウェルと貫通さし 90cmでも
入るようにしようかと・・・

色々、専門の人に 尋ねたら 強度が足らんよって・・・
de769be2.jpg

で、構想は こんな感じで スルハル挟んで リアからインさし
左壁からアウトの パイプを入れ 純正ライブウェルに 水を落とす。

これは行けそうですよね?
①

右ストレージの方が 純正ライブウェルより 遥かに位置が高いんですね。
その高低差を利用する感じで 水をアウトさす具合です。

純正は、55cmクラスなら Xの感じでクロスさせれば 何とか入るけど  
2本が限界で  もちろん、中で Uターンできないんですね。

50クラスでも 3本限界です・・・

で、今回の 右ストレージなら 対角をメジャーで測ると 60cmは 
2本は入りそうで 55クラスなら 3本横並びに入りそうな感じなんです。

まぁ いずれにせよ 小さいんですが 今のままより 相当マシかな?と
言う事で 現在、増築予定です。

来月末に 最終戦があるので 今回よりも、暑さもあるし ライブウェル環境は
相当、悪いと思うので 今の間にやってしまおう!です。

さて、上手く行くな?





TOP
琵琶湖チャプター 優勝パターン(イメージ水中画像含む)
本日も快晴で 元気にセミが鳴いて 夏っぽくて
非常にいい感じです。
体は グタグタに重いですが・・・

先週まで 1爆を どこに投げても アベ1800~2000gが
釣れていたエリアは チャプターに参加された方には 
お立ちコメントで お伝えした通りです。

昨日のチャプターのパターン詳細は
浜大津のカナダ藻。
※水深4mの ウィードTOP2,5mと 意外にウィードは低いです。

船団が出来ている場所とは、相当離れています。

カナダ藻の群生地帯の中でも、低質にゴロタ等の超ハードボトムが
が絡む 1m×3mぐらいの大きさのピンを 一日、叩ききりです。

出たサイズは、65、61、58~54cm(時間内:約5時間半=12本)で 
頭2本は ライブウェルが 小さいため 相当ケアに気を使いましたが 
最後まで 生かし切れず 検量外。
検量対象として 持ち込めたのは アベ2500gの魚のみ。
※優勝ウエイト 3本=7300g 5本参考ウエイト=12kg

ドーム中
※浜大津 同条件の水中画像 数年前の7月中旬撮影 まだ光がサンサンと入っています。


前日の嵐により 水が相当悪かったので、誰もがパッと見で
パスする感じのエリアですが こう言ったときほど 大型バスは
湿度が高くても ウィードのTOPに出てくるのでなく
ウィードの中に 良い水を求めて 入り込む個体が多いです。

バス2
※浜大津 ドームエッジの水中画像 数年前の7月中旬撮影 個体は50cmぐらい。

打ち込むのに バレットなら1/2 直リグなら10gでも 可能なほど
カナダ藻も まだまだ張り方が 薄いですが シンカーを軽くすれば
反応は 薄くなる一方で サイズも小型化する傾向でした。
※プラの釣りこみより感じた感じです。

ワーム:  バンバス 5インチ 南湖SP 
シンカー:1ozテキサス
ライン:  東レ バウオ プレミアアムプラス 20lb
フック:  がまかつ 310 3/0 ストレート
ロッド:  フロントラインプロダクション 7,1f 一爆狂 最終形プロト

IMGP0857.jpg

ラインは 当日もプラの時もありましたが 確実に20lb以上は必要。
平気で スッぱ切る エグイのもいます。
※スッぱ切るのは もう獲れないものとして諦める。
 この気持ちの切り替えが 試合中だと、大切だったりします。

アクションは 出来るだけ垂直に落とし 着底を感じたら 
ラインテンションフリーで バンバスの45度立ち姿勢を生かし
ナチュラルにて 誘いをかけて(湖底でのノーシンカー状態) 
10秒ほど待ち バイトが出なければ ラインを軽く
弾くような感じで ワンアクション。
※バイト比率 ステイ時:7 ワンアクション後:3

ギルバンバス
浜大津 湖底水中映像 中心に見えるのが バンバスの 湖底での立ち姿勢です

それでバイトが出なければ ピックUPの 打ち直しの繰り返し。
※注 打ち込んだ時に 着底を感じなければ トロロ藻の部分に
    落ちている事が考えれられので 無駄キャスト!
    即座にピックUPして 入れ直しです。

IMGP0860.jpg

風が吹くと フォール中、ウィードに触れた?様な感じの 
些細なバイトが出るので 即座にサミングをかけて 
シンカーの沈下を止めて対処。
※この場合 浅掛かりが多いため 早めに勝負を決めるないと 
 バレます。

 オフセットフックなら まず、乗りません・・・
 数日前のブログでも、記述しましたが がまかつ様より 8月上旬に
 発売される ケン付タチウオ ストロングが 市販の物では 
 最強かと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


ザクッと こんな感じです。

何時もは ジュンバグを使うのですが 今年は南湖SPが
異常に大型に反応します。
※要因は 分りませんが 相当、気に入っているのか
 ガッツリ噛んできます。

IMGP0862.jpg

このエリアは 7月末ぐらいまでは 持つかと思います。
※キーは 水温30度を叩く日が多くなると 一挙に大型は移動して
 次のエエ場所に 移り住んでしまう傾向があります。

アクションやボートポジション アプローチの仕方は
DVD 一爆狂シリーズを 今一度、見て頂くと 文章以上に
良く、ご理解いただけるかと 思います。

※バンバスは 現在、ショップには品薄です。(ほぼ無い?)
 フロントラインのオンラインショップでなら まだ在庫はあります。

さて、今年の夏も 藻刈りが 何処まで作業が進むかによって
爆発年になるか 沈黙の年になるか決まりますが
今の南湖は ウィードが超ワサワサで 走るのにも
気を使うほどですから 爆撃エリア、いっぱいです!

暑いですが 水分補給と休憩を取りながら 存分に
夏の風物詩 一爆を 楽しんでください!

ゴッツ糸鳴り しますよ!
では、また!
参加選手の皆さん 暑い中、お疲れ様でした。



 




TOP
琵琶湖チャプター ナウ

3本 7300gで 優勝いただきました!
詳細は、のちほど!

TOP
琵琶湖チャプター

間もなくミーティングが 始まります!
本日は、嵐が来ない事を 願います!

TOP
琵琶湖ナウ 一瞬で…

写真だと伝わり難いですが 本気の嵐並みに 雷、爆風、豪雨です。
取り敢えず車に非難しましたが 一切、外に出れません。

TOP
琵琶湖ナウ 雷

みんな一斉に非難態勢です!
北山田方面から 爆風と共に 凄いスピードで来てます!

TOP
重い・・・
昨日は、5時間ほど 琵琶湖で浮いていただけなんですが
やはり暑さが 増してくると 相当、翌日 体にきますね・・・

今日は、腰痛 激肩こりが ほんまに酷く 毎週通院している鍼灸の所で
電気とマッサージじゃなく 鍼を首に背中に 腰に腕にと
おびただしい数を打ってもらい 何とか、今の時間になって 
効いてきている感じです。

・・・で、少し 時間があまって 腰痛や肩こりも軽くなったので
前から直そうと思っていた 魚探を修繕。

5700の2WAYで 400khzが 映らんのです・・・


まぁ 振動子には 異常がなかったので あとは基盤をチェックして
信号が送れてないだけなんで その部分を直せばOK。

案外、こう言うのん 昔から触っていたんで 至って簡単。

ただ時間があれば いくらでも、こんな手作業はできるけど
普段は 時間に追われているから ついつい、メーカー修理に
頼りがちです。

ちょこちょこってやって 仮眠とって 市場へ仕入に
行ってきま~す!


TOP
ごつい体格の ロクマル!
一睡も していないので キーを打つのが
間違えて、どうにもこうにもなので とりあえず
これUPして 明日に備えて 寝ます・・・

ガッチリ口閉じで測れば 60cmジャストかな? 3800gです。
DSC_02891.jpg
今年の琵琶湖は 季節の進行が早いのか?
どうなんでしょうね?

このエリアは ほんと8月半ば~9月のターンが入る頃に
ヒートするエリアなんですよ。

例えるなら、早春の4月頭に 堅田の沖で釣ってるような
そんな トンチンカンな 場所です。

まぁ なんせ今年の琵琶湖は セオリー通り行かなくて
難しいって イメージです。

おやすみなさい・・・

P,S
やっぱりスマホ撮りより デジカメの方が 撮りやすいです。

TOP
本日の琵琶湖
今年は、やたらウィードが刈られず 残っていたので
いつヤラレる?と 試合日が近づくにつれて 不案な日々で・・・

本日は、居てもたっても 居られなくなって 確認の意味も込めて
琵琶湖に出た次第です。

早朝近くまで 仕事があるもので 琵琶湖に出ようと思えば
速攻帰宅→着替えて→琵琶湖へ=一睡もせず…

まぁ 辛いですよ・・・

今日も頑張って 朝一(・・・と言ってもAM9:00出船)に出て
6月の3週目ぐらいから 目途を付けていて 徐々に魚を寄せだしていた
今年の一爆エリアに 向かったんですが・・・

そこには おびただしいほどの 漁船が・・・
ほんま 何かの大会?って思うほど 大船団!

暫く見ていると デッキに山なりの 藻を積んで 
次から次へと 運びだし・・・

その作業は 昼ぐらいまで続き・・・

その後 一応 魚探を掛けたんですが
丸刈りではなく 五分刈り程度だったんですが
それでも魚探には 画面半分にしか
ウィードが 映りません…

6月後半から 今週もまだか? 今日は入ったかな?と
毎週×2 入っては釣り込んで 確認してと しんどい作業を
していたんですよね。

でも、本日で バッサリ行かれました・・・
まぁ 今週末の日曜試合の 前プラ(土曜日)に 気づくよりかは
まだショックは 浅いですが・・・

いつかは、ヤラレルと思ってましたが 試合のある週中で
刈られるとは・・・
あわよくば 7末まで 持つかな?と 思ったりしていました。

で、仕方なしに 8月お盆過ぎに ピークを迎える一爆エリアに
まだ早いとは思いつつ 確認がてら向かい 釣り込んだ次第です。

で、驚きですが・・・
もう入ってるんですね!

DSC_02901.jpg

                               つづく・・・


TOP
本日の琵琶湖

暑さMax?
藻刈り船も Max!!

すっかり刈られました…
詳細は のちほど!

TOP
琵琶湖ナウ やはり…

やはり重さは こんなもんです。
台風来て ちょいと魚が入れ替わった感じ。
来週、試合ですが 新規開拓せな あかんようになって来ましたが…(汗)

TOP
琵琶湖ナウ ボスキャラ?

ロクマルには 数ミリ足りませんが ここのボスキャラと思えるサイズかな?
まだ本調子じゃ無いから ベイト、ガッツリ食べれてない様子やね。
ハイシーズン入ったら 優に3500gはある 個体になってるかと思います。
しかし、バイトの出方は 1爆、独特のカツカツってやつで
かなり気持ち良いです!


TOP
琵琶湖ナウ たまり場ウィード


たまり場 発見!
釣っても×2も、このサイズ。
試合じゃ勝てませんが 1爆での2キロサイズは 面白い!


TOP
琵琶湖ナウ

少々、寝坊して 昼前からですが、台風一過の灼熱琵琶湖に 浮いてます。
水面下への 影響は少ない? …様な気がします。
水温は上がってますね!

取り敢えず、本日も、打ち込みオンリーで 探ってみたいと思います!
では、のちほど!

TOP
伝説の310ストレート(がまかつ製)が・・・
台風一過の、灼熱の太陽が 大阪市内にサンサンと…
暑いです…

昨今の日本は 亜熱帯と変わらないほど 気温湿度ともに高く
近々、日本も 亜熱帯地域に 属するような事を ニュースで
言ってましたが…

ほんま、暑い…
いよいよ夏本番でしょうか?

さて、本日は 1爆フリークの方には 朗報です!

ほぼ国内では 入手困難になった 伝説のストレート310ですが
がまかつ様より 新製品のニュースで これは310!?と
錯覚するよう製品が、8月上旬に発売されますので ご案内!

まずは、こちらをご覧ください!(写真は全てクリックで拡大)
IMGP0754.jpg
※一番右が 伝説の310ストレート3/0

ケン付タチウオの 新製品の針ですが まんまでしょ?

って事で いつも、お世話になっている、がまかつ様の担当さまに
310と、新製品の ケン付タチウオ ストロングとの 違いを教えて!と
問い合わせた所…

①ゲイブ幅は タチウオストロングのほうが、やや狭く
 貫通性は、 摩擦ゼロ感覚の「ナノスムースコート」採用により、
 ケラレゼロの貫通力です!

 ※ケレラ=あゆの友釣り用語 上記の解釈は、
   弾かれる率「0」ゼロと言う意味。


 所見
 フッキングが弱くても ガッツリ鼻の穴を貫通する塩梅ですね!
 フックの色も 輪郭ハッキリの黒じゃなしに 馴染みやすい色が二重丸!

②形状は ラウンドベンドの310と比較して タチウオストロングは
 スプロートベンド(軽量設計)になっています。


 所見
 首振りシェイク時に バレ難いベントカーブで おまけに軽量!
 軽さゆえ、ワームの動きを殺さず バイトがハッキリ伝わるのも二重丸!

③ケンの位置は下がっています。
 通常よりもケンを大きく加工し、強度が下がる分太軸に
 設計してあります。


 所見
 ケン位置が下った事と デカケンになった事により
 ワームのセッティングの しやすさや ズレにも効果大! 

と言う、感じです。

IMGP0755.jpg

ちなみに この鈎には タチウオ鈎によく見受けられる
ヒネリはございません。フッキング能力を、ロス無しに伝える
310同様に ストレートシャンクになります。

ギルに 仕事さすとき用の 赤鈎もラインナップにあります!
IMGP0752.jpg

ギルに仕事さす?って・・・ 
IMGP0753.jpg
※初期の一爆狂を、見た人ならご理解頂ける タフコン時のテクで 必須アイテムの赤鈎です。

摩擦ゼロ感覚の ナノスムースコートの貫通力!
針自体の軽さによる 多数のプラス効果!
水中で馴染みやすい 針の色!

310を 血眼で探していた方は 是非、一度、試してみてください!

IMGP0750.jpg





TOP
遂に、来たか・・・
7月にすれば 過去最大級の ゴツイのんが来てますね・・・


※各地で台風被害の無い事を、切に願います。

琵琶湖だけに特化して話しますと この台風で 今の琵琶湖の 
トロロ掛かったウィード部分は 一掃され 今年の夏に 
本気で使える 軸が太い 枝っぷりの エエやつのみが 残るかと・・・。

台風一過後の ピーカンな真夏を迎えて 待つこと2週間。
7月の4週目には シーズン開幕です。

 
TOP
琵琶湖ナウ 時には


時には 丸太ん棒みたいなんが 入るんです!
ごっつ糸なりします!
午前だけで 頭5本で 9500gって所でしょうか?
しかし、スマホ撮りは 苦手です…


TOP
琵琶湖ナウ


1爆で 手付かずなのか? アベ1600~1800gは
ええ藻が有ったら 打てば高い確率で居ますよ!
眠たいけど やめられへん感じです!

TOP
早いか…

仕事、終わって 仮眠とると 週末でもあり
疲れが溜まってるので 本気寝になりそうだったので
そのまま来ましたが 早すぎたようです…

今日は、ローライトで波もありそうなんで 爆撃には不向きですが
取り敢えず一日、落とし込んでみます。

TOP
夏日な琵琶湖
折角来たので 出たかったんですが 今日は、船のメンテナンスと、
デカイ魚が入るように ライブウェル増改築の 下準備に来た次第です。



目隠しも、完全オッケー!(ロゴマークも 見えてるとNGですよ)



たぶん湖は 水位も下がって来ているし  突き上げて来た藻の中に
ワッサワサ 入ってる気配、濃厚!
週末、飽きるほど 爆撃して来たいと思いマス!


TOP

本舗@YOU TUBE

一爆狂Ⅱ後編 PV

一爆狂Ⅱ前編 最終PV

一爆狂Ⅱ前編 其の④

一爆狂Ⅱ前編 其の③

一爆狂Ⅱ前編 其の②

一爆狂Ⅱ前編 其の①


一爆狂オープニング

一爆狂PV 其の二

一爆狂PV 其の一

B.G.Lローランスカップ

THE 熱狂人Ⅰ


THE 熱狂人Ⅱ

最近の記事+コメント

バナー

   ★バナー↓デザイン★ 当ブログをリンクご希望の方
下記より ご一報下さいまし!
    管理人 ゲンさん
   

訪問者数

QRコード

QRコード

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。