村上本舗
粋でイナセな釣り人生!  勝っても負けても常に吉!
☆ガイドサービス☆

受付終了
遊漁船登録 滋賀第142号
クリック↓イン!

バンカーバスターCM

リンク(順不同)
























since 2006.1/18

ちょいと、ひと勝負!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
寄せる力が強い物
これ以前にSFJで 触りを説いた物なんですが
所謂 釣れ筋 ネコ系ワーム。(オイラ自身の主観によりますが・・・)



ベタに置くと さほど変わりようが無い。
しかし ネコ系のネコたる所以は ワンアクションで シャクル→戻るの
2つのアクションを 連動して起す所に キモたる部分があるように思う。

下の写真は 曲がる拠点の部分に フックを掛け 曲がる度合い(腰の強さ)を
見てみたもの。

IMGP1970.jpg

材質的に 張りが有る物や 細いのに妙に張りが有る物が 見て取れる。
例えば 手前のプロセンコー!
これは細いのに 張りが有るでしょ!?

反対に 6,5inカットテール!
ファット感は プロセンコーより有るのに 案外 曲がってる。

上の写真じゃ 判り難いので このままの曲がりを維持して
ベタに 置いてみた。

IMGP1984.jpg

どうですか?
これで さっき言ってた事が 一目瞭然でしょ!?

左のものは 腰が強い系。
右のものが 見事に同じぐらいの アールを描きます。

オイラは 水の比重を考え シャローをやる時は 比重が軽いので
左の腰の強い系を 使用する事が多い。

反対に 水深から来る比重の重さを考慮して ディープをやる時は 
右の 良く曲がる系を用いる。

意味 伝わりますかね?

用は 腰が強い系だと ディープなら ロッドアクションの割りに
さほど 水中ではワームは 動かずって事です。

もう1歩 踏み込めば 腰の強い系を ディープで使用して
しっかり ネコアクションさせてやろうと思えば それなりの
強ロッドアクションが必要になり それに伴うマイナス要因として
糸鳴りが伴うって 事です。

なので 水の比重が重いディープでは 最小のロッドアクション(糸なり小)で
しっかりネコアクションしてくれるワームが アドバンテージを取るように思います。

もっぱら リアクション気味で使うなら 左右どちらでも いいのですが・・・

ただネコ系ワームの場合 ワームの表面処理も 重要な所で
30分や 高々 小1時間で 水分を吸収してしまうような 表面処理では
ワームが水分を吸いすぎて 動きが鈍くなり ネコアクションをしづらくなります。 

その点 左右共に どれもしっかり処理されています。
もう一つ 釣れ筋って言われるだけあって 双方共に水噛みが
しっかり加わるように ボディーに加工は してある。

更に もう1歩踏み込めば プレッシャー下に置いては ノーアクションが
最も効をなす場合が多い。特に 試合中。

例えば ディープでノーアクション 湖流のみでのアクションを 想定すると・・・

カットテールは ヒラヒラとテールが ホバ状態のベイトを模擬し
アップラの場合は やや立ち姿勢で ピンテールが 
微細な波動を出すって 感じでしょうか?

そんな事を考えていると ネコ系ワームでも ディープに強いタイプと
そうでないタイプって言う カテゴリが出来てしまう感があります。

他に カーリー系(グラブ系含む)や ストレート系 ホグ系 ビビット系
シャッド系と ワームのカテゴリは 沢山あります。
また 機会があれば オイラなりの分類の仕方を お話ししたいと思います。

ゲンさん@たまには真面目に 更新です!



 
スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント

>川さん
川さんのは やば過ぎっス!
でも マジでネコ道は 探求すればするほど 深いですね~

でも それが徐々にパズルが合わさって行くから またまた
オモローですよね!

そうそう! 野尻のディープ攻略も ネコの進化系なんですよ!
使ってるブツは 単なる芋なんですが マジでプレッシャー掛かると
ネコ応用編に なるんですヨ~

まだまだ 野尻では 使えそうなんで 来年も期待デス!
やっぱり真冬に 野池で試さなあかん事 一杯ですよ!

ええ池 連れてって~(^^)

【2008/11/26 02:48】 URL | ゲンさん #- [ 編集]


>くろさん
くろさんの 真面目な釣り 見て見たいっス!
真冬の雪がチラつく頃 琵琶湖の アソコ行きましょ!(^^)
【2008/11/26 02:43】 URL | ゲンさん #- [ 編集]


うげっ!ゲ・・ゲンさんしゃべりすぎ・・・
ものすごく核心に迫ってるッス。
もうちょっとえぐれば・・・イカンイカン、おしゃべりな私もしゃべってしまいそうです。
一言いうなら「ネコ道は深い」ということです。
ちなみに私は昔、ダウンショットが大好き人間でしたがステップアップの理由上6年前に封印しました。言い換えれば6年間ダウンショットを一度も使わないどころか、リグりもしていないということです。封印1年目はあれでもないこれでもないと色々悩みましたが、2003年頃からネコをメインリグにしてから今日まであーでもないこーでもないと日々進化させています。私のここ最近の成績はダウンショット一切なしでの成績、言い換えればネコメインの成績なんです。
もう一度言いますが、ただの一度もダウンショットを投入していません!
そ・れ・だ・け・ネコ道は深いんです。私でもネコ道の道程は、まだまだ先は長いです。
イカンイカンこれ以上喋ると私も核心部分を喋りそうなんでこれで失礼します。
【2008/11/26 00:43】 URL | 川さん #- [ 編集]


今年、久しぶりに真面目にお魚釣りをしてみたら
理由は判らなかったけど、確かにコレと言うものが有りました、
なるほどそう言うことでしたか、、
【2008/11/25 21:35】 URL | くろ #IISkkBbk [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://honposouhonzan.blog51.fc2.com/tb.php/2952-ae088502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
本舗@YOU TUBE

一爆狂Ⅱ後編 PV

一爆狂Ⅱ前編 最終PV

一爆狂Ⅱ前編 其の④

一爆狂Ⅱ前編 其の③

一爆狂Ⅱ前編 其の②

一爆狂Ⅱ前編 其の①


一爆狂オープニング

一爆狂PV 其の二

一爆狂PV 其の一

B.G.Lローランスカップ

THE 熱狂人Ⅰ


THE 熱狂人Ⅱ

最近の記事+コメント

バナー

   ★バナー↓デザイン★ 当ブログをリンクご希望の方
下記より ご一報下さいまし!
    管理人 ゲンさん
   

訪問者数

QRコード

QRコード

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。