FC2ブログ
村上本舗
粋でイナセな釣り人生!  勝っても負けても常に吉!
☆ガイドサービス☆

受付終了
遊漁船登録 滋賀第142号
クリック↓イン!

バンカーバスターCM

リンク(順不同)
























since 2006.1/18

ちょいと、ひと勝負!

京都チャプター@ここが本命ポイントだった!
そして、時期的には概ね この時期にはまり込むウィードエリアがあった。
(今年は まだ早いか?)
最後のチェックを 試みる。

だが、今年の琵琶湖は、例年より約2週間 オイラ的には遅れている感が 否めない。

そのエリアのKeyは ウィードの高さにある。
通称:屋根打ち!

本日は、大増水+水温低下で「まだ入ってきてないかなぁ?」ぐらいの感覚。
水位が上がると 水面とウィードトップクリアランスが 多く出来
このエリアのMAX状態が 整わない。。。

・・・で、その肝心なエリアは、何てこと無い 浜大津沖。
昨年も ここでモンスター級のパラダイスを 試合中に味わった。

詳しい事は、東レのH.Pの アングラーズレポートBASSのバックナンバーで
2005年度 8月23日にUPされている記事を ご覧下さい。
(試合の日は7/30~31の ギンギン2DAY! 本物の祭典 B.A.I.T TOPだ!)

ほぼ、このレポートに図解入りで ゲロしているので読まれてから
下記に 目を通して頂ければ 話しが繋がります。

・・・で話は戻り 先週末の釣れそうで実は 釣れない琵琶湖の状況で
トンネルは、まだ半分ぐらい?しか 出来てはいなかったが 実釣開始!

しかし ものの2投目の打ち込みで 答えは返って来た。
ほぼ 貸しきり状態の 不人気エリアだったので ゆっくりいなして
抜き上げてみれば54cmの2400g フィッシュ。

ここで出れば ほぼロクマル確定!?の ポイントだけに
まだ、本調子ではないと思いつつも 他の3エリアより はるかにポテンシャルは高い!
ここの魚の特徴は 冠水系で釣った時と同じような 黄色いバスが釣れる。
間違いなく ザリ系をバリバリ食べて タンパク源とりまくっている様子が伺える。

歯も 他の回遊系と違い まさに「剣山!」

さぁ、ここでコマは出揃った。
明日は、チャプターなので3本リミット。
組み立てを間違えると 今の琵琶湖じゃ1本=4kgフィッシュと言う
ゴチンもありえるので 非常に悩む。

重さ的にもアベレージも 一番イイのが 北フラット。
しかし、型揃いが故 3本のMAXウエイトが限られている。
反対に 平均アベは 1500~1900gだが 時折 スーパービッグが入るD,H。
こちらも 気にはなるが 誰しもが向かうと判断してパス。

あと六本柱南は ここの所 人気場所でも有るし 最近良く吹く南風が強く吹けば
腰イタのオイラには ああ無情。

ならば、浜大津沖の 時期草々だが このエリアが一番ベストとなる。
しかし、問題は この釣り方は かなりヘビーなので フッキングが命となる。
その要の フッキングがYO2の為 現在ままならない。。。

得意な季節だけに トンデモフィッシュを持ち帰りたい。
葛藤が 続いたが 医者に貰った痛み止めの効力に 全てを掛け
ここを本命とし 釣り方は同じだが リグをヘビーロットも用意はするが
スピニングも スタンバイさす。
しかし、ラインは2500番で巻ける 限界のフロロ7lbを装着。

これで、藻から引き抜けなかったら 打つ手無し。
それも、これも、全てが試合。
勝っても 負けても 常に吉!
これが オイラのモットーだしね。

そして当日を向かえ・・・


          続く・・・




スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://honposouhonzan.blog51.fc2.com/tb.php/529-3facee8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
本舗@YOU TUBE

一爆狂Ⅱ後編 PV

一爆狂Ⅱ前編 最終PV

一爆狂Ⅱ前編 其の④

一爆狂Ⅱ前編 其の③

一爆狂Ⅱ前編 其の②

一爆狂Ⅱ前編 其の①


一爆狂オープニング

一爆狂PV 其の二

一爆狂PV 其の一

B.G.Lローランスカップ

THE 熱狂人Ⅰ


THE 熱狂人Ⅱ

最近の記事+コメント

バナー

   ★バナー↓デザイン★ 当ブログをリンクご希望の方
下記より ご一報下さいまし!
    管理人 ゲンさん
   

訪問者数

QRコード

QRコード

RSSリンク